極蛮神は生きがい。

NO IMAGE

 

LSの中には、しばしば、戦闘大好き!戦闘民族がいるのですが、自分は無関係の人間だとおもっておりました。

 

最近加入したこの方もですねw

 

 

 

 

しかし、

 

なんでこうなってしまったのか、自分でも不思議すぎるのですが、

 

 

最近、とりつかれたんじゃないかってくらいに極蛮神に通っています。

馬狙いってわけでもないし…。経験値も入らなければ、ギルも増えぬ。

 

しかし、極蛮神討伐には、(自分があまり戦闘が得意ではないこともあるのかもしれないけど、)この上ない達成感、チームワーク、感動が待っているのです。

 

 

 

最初はリヴァイアサンにいきましたね、船の設計ミスで途中で柵がなくなります。ドボンしたらさようなら。

 

 

 

楽しい。

 

 

 

次にタイタン。体重が重すぎて床の岩がボロボロくずれていきます。足を踏み外したらさようなら。

 

 

 

楽しい

 

 

 

ガルーダはなんやったんやろか…。←

 

 

 

でも楽しい。

 

 

 

ラムウ。雷を当てなければさようなら、当てすぎてもさようなら。

 

 

 

誘惑され、死してもなお楽しい。

 

 

 

そして最近ドハマりしているのは、氷の巫女、極シヴァ姉さんです。

 

 

 

んも~~~~超楽しい!!!無理!(何が)

 

 

 

普通は何が楽しいのか書くところですが、高難易度コンテンツって内容ギミックどうのこうのより、“闘う環境”で楽しさが+1000000になったり、ー50000000になったりするのかなと思います。

ちなみに、CF野良初見で行くと、マジで二度とやりたくないコンテンツになりかねないので、絶対にお友達を8人集めていってください!!

 

 

私の場合は、極タイタンから生まれてきた(らしい)ソアン師匠と、極シヴァの写真で一緒にニッコリうつっている、ヒラの頼もしいコタツ先輩、そしてLSのみなさんがいつも練習を手伝ってくれます。

 

師匠~~~

 

 

1回(←1討伐の中で)終わっては反省会。しきりなおしてもう一度。”何度も全滅”ってつらいイメージですが、繰り返してやるごとに生存時間が伸びていき、クリアに近づく。どうしても動きがおぼつかないときは、戦闘のなれている方にマーカーを付けて、動きをサポートしてくれたりもします。

 

そして、みんなで生き残ってクリアできた時の達成感たるや….(言葉では表現できない)

 

 

 

自分の極への開花はタイタンで出荷の最後を迎え、あまりにも悔しすぎて「もう一回やらせて!」と食いついたところからスタートしますが、お仕事やお勉強がある中、限られた時間のなかで何度も練習に付き合っていただけることはとてもありがたいです。良い人たちに出会えてよかったと、日々感謝しています。

 

 

このままメキメキ鍛えてもらって、

 

 

いつかあそこ(ヒラの高み)へ。

 

 

がんばるので、行ける方は今日も練習おねがいしますm(_ _)m。

 

 

FINAL FANTASY XIVカテゴリの最新記事